水溜りにいるおたまじゃくしの観察をしました。松戸ストーリー!


水溜りにいるおたまじゃくしの観察をしました。松戸ストーリー!

 

皆様こんにちは。

 

最近の休日、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

私は家族でよくお散歩に行くのですが、行き先は、江戸川の土手(松戸側)でございます。

 

 

江戸川の土手では、1歳7ヶ月の息子も大はしゃぎ。

 

狭い家の中とは違い、よく動き回り、危険も多くありません。

 

 

そんな江戸川の土手ですが、雨の降った日には水溜りができるのです。

この水溜り大きくないですか?

でかいな~きれいだな~と思って水溜りを見てみると、、、

ミミズがいたり、アメンボがいたり、そして

おたまじゃくしがいるのです!ちなみにこの写真の水溜りは、雨が降ったあとすぐのものです。

 

 

しかし、これはあくまで水溜りのため、雨が降らないと水溜りの水が少しずつ、少しずつ減っていきます。

 

下の水溜りの写真は、雨が3日ほど振らない間に行ったもの。これは非常に残酷。。

 

 

この干上がってしまいそうな写真の水溜りにも、、、

よく見ると小さなおたまじゃくしがいるのです。この水溜りも無くなってしまいそう。。

 

 

 

すぐ隣には、下の写真のように大きすぎず、小さすぎずのちょうどいい川があるのに、、、

 

カエルさんよ!!なぜここにたまごを産んだのだ!

 

 

しかし私にはお手伝い出来る事は特にありません。

 

雨よ降ってくれと!!祈る事と、この小さなおたまじゃくしを見守ることしかできないのです。

 

しかし雨乞いも、虚しく、

 

また別の日に来てみると、、

 

最後の最後水溜り、一箇所におたまじゃくしが集まっていました。。

それを悲しげな表情で見守る妻

 

しかしまだ別の水溜りにはおたまじゃくしがいます!

 

 

江戸川土手のおたまじゃくしの観察を続けます。雨よ降れ!!

 

 

続く。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

 

ホームに戻る↓

https://arasa-blog.online/

 


“水溜りにいるおたまじゃくしの観察をしました。松戸ストーリー!” への 1 件のフィードバック

  1. のなか より:

    私の子供たちはカエルが大好きで、よく近くの田んぼに捕まえに行きます。一日飼育して次の日に返しており、うちではカエルは身近な生き物です。そのオタマジャクシはなかなか残酷ですね…。本当はダメでしょうけど、気持ち的には全て川に移動させたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。