シガテラ  古谷実著


素敵な漫画に出会ったので、ご紹介させて頂きます。

本日は、6時より会社でブログを書いております。

たまにはこんな時間もいいかなと思います。

さて、今回読んだのは、『稲中卓球部』でも有名な古谷実さんの

『シガテラ』

2004年に1巻が出ていますが、今から14年前、計算式は〈渡辺 今30歳-14年前=16歳〉高校1年!!?

丁度いじめられっ子の主人公 荻野君と同じぐらいですね。

会社の上司に貸してやるよ!とそんなに頼んでませんでしたが、とりあえず読みました。

さっと読んでみると、、、読んだことある!!

きっと漫画喫茶に入り浸っていたころに読んだと思いますが、内容は忘れていたので、再読です。

すると、、、、、超面白い。

高校生時代の甘酸っぱい恋愛、手を繋ぎたくても、なかなか言い出せなかったあの中学・高校時代を思い出させてくれました。

いやー思い出すと結構恥ずかしいですよね~!(←何が?)

皆様も、初めて彼女、彼氏と手を繋いだ時のやり取りを思い出してみて下さい。かなり甘酸っぱくないですか?胸少しきゅんとしないですか?(←バカ)

稲中も結構エッチな感じでしたが、シガテラもそこそこエッチな漫画です。

キスしたくても、勇気が出ない。エッチしたくても、場所が整わない。

そんなシーンがじれったくて面白かったですね。この本のテーマはきっと『初恋』と『イジメ』ですね。

この本では生粋のいじめっ子、脇谷という不良が主人公をめちゃめちゃイジメます。

ぶったり、けったり、変な事させたり。イジメはよくないです。。

でも当人はやっちゃうもんなのですね。もしドラマみたいに、道端で学生がイジメをしていれば、絶対止めます。私も色々ありましたからね。(←意味深です)

かなり勇気が必要ですが、

渡辺『君たち駄目じゃないか!』
学生『変な天然パーマのオヤジが来た!逃げろ~!!』

と通行人のおじさんの役を買って出たいと思います。最後いまとめますが、シガテラは全6巻ですが、ものすっごく内容が濃いです。

なんとなく、主人公の少年と昔の私を重ねながら読んでました。

中学、高校時代の甘酸っぱい恋愛、そして、学校生活。イジメ。アルバイト。受験勉強。たばこ。など、少し【あの頃】を思い出したい方は、ブックオフで100円で売ってますの

でお買い求めいただければと思います。本日も素敵な一日をお過ごしくださいね!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。